勉強したことをアウトプットするやり方は?

読書について

アウトプットは重要。でも教えてくれる人は少ないです。 そんな謎多きアウトプットを解説させていただきます。

今後全ての勉強効率が上げるため、是非イチドクしていってくださいね。

スポンサーリンク

①正しいインプットを行う

アウトプットはインプットした内容を脳みその外に出すことです。まずはちゃんと脳みその中にいれましょう。

大切なのは時間を区切る事。人間の集中力は15分・45分・90分を区切りに維持できます。慣れないうちは15分教科書を読んで45分かけてアウトプットするイメージです。

②どうやってアウトプットをするか決める

これについてはいくつか方法がありますので、難易度順に箇条書きします。

難易度★☆☆☆☆:教科書を読み上げる(読む時間とは別)

声に出して読むということもアウトプットの一つです。

難易度★★☆☆☆:ノートに重要だと思うことを書き出してみる

ページ数は問いません。好きなだけページを使って重要だと思うことを全部書き出してみてください。

難易度★★☆☆☆:友達・家族に内容を話してみる

教えようとする必要はありません。こんな風に感じたとか、こんなことを知ったとか、ちょっとしたことを話すだけで大丈夫です。

難易度★★★☆☆:要点ノートを作る

今度は要点をまとめたノートを作ってみてください。ビジネス書や自己啓発本であればA4見開き2ページ以内。教科書や参考書であれば、一つのチャプターをA4見開き2ページ以内でまとめてみましょう。

難易度★★★☆☆:ブログ・SNSで情報発信をしてみる

Twitterで学習内容を発信してみましょう。教えるというよりは世の中に報告するイメージでやってみましょう。ブログよりTwitterがおすすめです。

難易度★★★★☆:YouTubeで発信してみる

YouTubeで動画コンテンツを作成し、発信してみましょう。動画を作ることができるということは深く理解しているということに他なりません。

難易度★★★★★:誰かに教える

最高のアウトプットですが難易度が飛びぬけて高くなります。簡単に言うと先生になるということですが、そもそも先生になれるのであればアウトプットは出来ているはずですので、これは機会があれば挑戦してみたいですね。

実際にアウトプットしてみる

難易度が低いものから挑戦してみてください。ここで重要なのはアウトプットの質はあまり関係ないということです。重要なポイントは3つあります。

完璧を求めないこと

アウトプットの質を高めようとしすぎて時間がかかりすぎてしまうと効率が悪くなります。まずは仕上げて発信してみましょう

複数回アウトプットする事

アウトプットは1回だけで終わってはいけません。同じ内容のアウトプットは3回以上やるようにしてください。そして、その間隔も出来るだけ短期間に行うようにしましょう。

アウトプットの難易度を上げていく事

複数回アウトプットすると書きましたが、同じノートを3回作ってもあまり意味はありません。大切なのは回を重ねるごとに難易度を上げていくことです。

  • 1回目➡ノートに書き出し
  • 2回目➡2ページにまとめる
  • 3回目➡Twitterで発信する

このようにして難易度を上げていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?何となくイメージがつかめましたでしょうか? 何はともあれ騙されたと思ってまずは行動してみましょう。 行動をすることで効果を実感できるはずです。効果が実感出来たら楽しくなってくると思います。まずは一歩踏み出す(行動する)やってみてください。

それでは、皆様の勉強の役に立ちますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました