読書感想文の書き出しはどうしたらいい?

勉強

夏休みの宿題の定番 『読書感想文』 やらなきゃと思うけど最初の書き出しから

どうやって書いたらいいのかわからない・・・文章を書くのが好きなわけじゃないけど宿題だからとりあえずやらなきゃ・・・

そんなあなたにわかりやすく書き出しをまとめておきます。

タイトルや本文は本によって違いますが、書き出しはある程度決まっています。

こちらを参考に夏休みの宿題を頑張ってみてください。

スポンサーリンク

書き出しの例

読んだ本の書き出しを真似てみる例無し

引用だらけになってしまうので実例は割愛しますが、本の冒頭部分をそのまま書いて、聞き手・読み手に疑問を感じてもらい、それを自分の言葉で解説していくという書き方です。奇抜な本で読書感想文を書くときに適している書き方です。

ただし、それをネット上に公開したりすることは控えましょう。本文をそのまま使ってしまうと著作権というとてもややこしいことが関係してきてしまいます。

読書感想から始める5例

読書感想文の結論は『読書の感想』です。ビジネスシーンでもよくつかわれる手法で、結論を最初に持ってくると読み手・聞き手の理解が深まり、内容が薄くても理解を得られやすくなります。

①この本を読み終わった時、私はなんとも言えない感情になりました。○○のような、○○ではないような。

②人が生きていく為にははみんなで助け合っていかないといけない。そんな事を改めて教えてくれたのが本書でした。

③読み始めは○○と思っていたのですが、読み進めていくうちに○○になっていっていました。読み進める程に複雑になっていく『本の題名』。

④本書は○○と●●という登場人物の友情(愛情・愛憎等)についての本です。○○はドラえもんでいうジャイアン、●●はのび太、そんなお話です。

⑤夏休みが終わったら○○をしよう。この本はそんな気持ちにさせてくれます。

壮大で、意味不明な言葉から始めてみる

これについてはどんな内容で初めても大丈夫です。変なことを書いて、それをどうこじつけるかを考えていきましょう。どんな内容でもこじつけることは可能です。内容が理解しにくい本や、内容が少なすぎる本を選んでしまった時はこの書き方をすると面白い感想文になります。

①人類が今のままの生活を続けていたら、100年後に地球は滅びるかもしれません。

②人類は過去数万年にわたり地球をいじめてきました。

③日本は5年以外に崩壊して、別な国になってしまうかもしれません。

④今ある仕事の9割は私たちが大人になるまでに無くなっているかもしれません。

⑤もしかしたら私たちは命を狙われているかもしれません。

読み手・聞き手に語り掛ける5例

こちらも同じくビジネスの場でよく使われる手法で、読み手・聞き手に語り掛けることによって相手を引き込み、当事者として読み・聞きしてもらえるようにする手法です。

①一番大切なものは何ですか?本書では○○の大切さについて教えてくれます。

②もし親友が私の為に人質になったらどうしますか?現代ではそんなことは滅多にないと思いますが、本書ではそんなことが起きてしまいます。

③皆さんは普段○○について考えることはありますか?本書ではそれについて考えるきっかけを与えてくれます。

④命をかけられるような事、皆さんにはありますか?この本の主人公にとっては○○が命をかけられるようなことでした。

⑤これから5年後、10年後の未来はどうなっているか想像できますか?もしかしたらAIが人類を超えているかもしれません。にわかには信じられませんが、ありえない話ではないようです。

本を選んだ理由から始める

変わったタイトルの本などを題材としたときに、聞き手・読み手に対してこれからどんな本の感想を伝えるのかを理解してもらいます。結論から話すということに似ているやり方ですが、珍しいタイトルの本を選んだら是非このパターンを使ってみてください。

①私がこの本を選んだのは○○に興味があり、○○について深く知りたいと思ったからです。何となくわかってはいましたが、ちゃんと学んだのはこれが初めてでした。

②『本の題名』という本は○○について書かれている本です。

③私が好きな○○、『本の題名』はそれについて教えてくれています。

④本屋さんで一番表紙が目立っていた本が『本の題名』でした。

⑤『著者の名前』は国語の教科書で紹介されていました。同著者が初めて書いた小説が『本のタイトル』です。

まとめ

長くなりましたが、以上が読書感想文の書き出し例です。

大切なのは本文かもしれませんが、その本文を書くためには書き出しが必要でよね。是非やる気をだして書き方を検索したのであれば、この書き出しを参考に勢いをつけて一気に宿題をおわらせてしまいましょう。

頑張ってくださいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました